至福の読書・魅惑の世界旅行

コロナ影響下 失業中の海外添乗員による本・海外旅行案内

ボリビア「ゲバラ日記/革命戦争回顧録」チェ・ゲバラ  

      《 ゲバラ日記 》

1966年12月31日 われわれの運動こそ南米大陸革命の新たなムリヨ『雄叫び』であり、革命の大義の前にはわれわれの生命など物の数ではないと答えた。フィデルカストロ)からの心のこもったメッセージが届いた。

1967年6月14日 私は39才になった。ゲリラ戦士として自分の将来を考えなければならない年ごろが、否応なしに近づいている。いまのところは”シャンとして”いる。

1967年8月8日 いまや、われわれは重大な決断の時機にさしかかっている。こうした闘争はわれわれに人類最高の次元に位する革命家になる機会を与えてくれるものであり、人間として自分自身を試す機会をも与えてくれるからだ。…要するに、われわれはもっと革命家らしくなり、模範的にふるまわなければならない。

     《 革命戦争回顧録

・過激で急進的な社会改革である革命は、そのどれもが特殊な状況下で遂行される。それらはまずほとんど円熟した状態で出現しないし、その詳細のすべてを科学的に予見することもできない。それは社会的改革を求めて闘う人類の熱誠を素地に、その即興的行為をもって成し遂げられる。そしてそれは、決して完全無欠ではない。我々の革命も例外ではなかった。

・…深刻な意見の相違が持ち上がり、時にそれは激論を招く結果になった。…革命の分別が万事に優先して、結束という名の下に譲歩を見た。われわれは盗みを許さなかったし、少しでも裏切る可能性があるように見える者は重要な地位には就けなかった。一方で彼らを粛清することはしなかった。

・革命家の品行は、革命家の信条を映しだす鏡そのものである。革命家を自称する者がそれにふさわしい振る舞いをしなければ、彼はペテン師以外の何物でもない。

・…全員が戦場で自分に華々しい瞬間が舞いおりるのを切望している。それでいてわれわれには誰一人として戦いたいと思っている者などいやしなかった。全員が必要に迫られて戦っていたのだ。

    ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

日記、回顧録ともに1つの文学として読むことができる。ゲリラ軍の医者としての役目も果たしながら、その合間をぬって書きとめられたメモを元にした回顧録には、キューバ革命のさなか 持病の喘息に悩まされながらの その苛酷な日々と正直な気持ちが吐露されている。

「…行軍は私にとって苦行であった。…闘争に求められる身体的条件はきわめて厳しかったが、精神的条件はそれ以上で、われわれは常に包囲攻撃の的にされているような気持ちで日々過ごしていた。…喘息の発作がひどくて一歩進むのがやっとのありさまであった」これらの

「多くあり過ぎて語り尽くせないほどの試練と辛苦を潜り抜けた後に」

彼らはついに勝利を勝ち取る。そしてチェは断固たる決意を述べる。

「今のわれわれは名誉を挽回できない南アメリカ諸国の希望の星である。…キューバ国民は、われわれの領土の完全なる自由を手にするための闘争を開始する。…革命の血の最後の一滴がしたたり落ちるまで戦う所存である」と。

キューバ革命達成ののちも、アフリカ・コンゴ、更にボリビアへとチェの革命の旅は続く。ゲバラ日記はボリビア闘争中に書きとめられたもので、10月7日で途切れる。その翌日ボリビア政府軍に包囲、攻撃を受けて捕まり、翌9日に銃殺されたのだ。39才という若さであった。

ジョン・レノンが「世界で一番カッコイイ男」と絶賛し、サルトルが「20世紀における最も完璧な人間」と評したチェ。戦場でも読書をかかさなかったというチェの残した言葉は、今も我々に勇気を与え続けている。

・もしもわれわれが空想家のようだと言われるならば、救い難い理想主義者だと言われるならば、出来もしない事を考えていると言われるならば、何千回でも答えよう「その通りだ」と。

・甘ったるいと思われるかもしれないが、言わせてほしい。ほんとうの革命家は、大いなる愛情に導かれている。愛のない本物の革命家なんて、考えられない。

・酒は飲まない。タバコは吸う。女を好きにならないくらいなら、男をやめる。革命家としての任務を最後までまっとうできないならば、僕は革命家であることをやめる。

・革命においては、勝利か、さもなければ死しかない。

・革命はリンゴではない。熟したから落ちる、というものではないのです。あなたが落とさなければなりません。

・人間は環境の奴隷と道具であることをやめ、自らの運命を設計することができる。

・僕はこの上なく素晴らしい日々を生きた。(カストロへの別れの手紙)回顧録を読むとチェが同士であったカストロへ全幅の信頼をおいていたことは明らかだ。

「われわれは勝利するか、死ぬかのどちらかである、それもわれわれだけで。われわれがわずか12名の仲間に過ぎなかったあの時以上に…あの頃以上に、…われわれが峻烈な闘争の日々を迎えることはあるまい。…威厳のうちに死を迎えるために仲間は不要である」

フィデル・カストロ

 「ゲバラは歴史上まれに見る、革命の精神を持ち続けた真の革命家と言うことが出来るのではないか。…ゲバラは不断の革命を求める『永久革命』に生きる男であった。ゲバラにとっては、一生涯その革命が成就することはなかっただろう。それはゲバラが未完の人生を受け容れていたからに違いない」   執行草舟

またチェはキューバ革命後の1959年、キューバ使節団長として来日を果たしている。超過密スケジュールの中 日本側に無断で大阪のホテルを抜け出し、夜行列車で向かった場所は、広島記念平和公園と原爆病院であった。

アメリカにこんなにされてなお、君達日本人は彼らの言いなりになるのか」

チェの率直な問いかけに、我々日本人はいつもの曖昧な態度でやり過ごすことしかできないなら、日本の革命を成しとげた明治の人々に合わせる顔がない、不甲斐ない。明治の申し子ともいうべき西郷隆盛とチェの間には よく似た何か 無私の魂とでもいえばいいのか その精神性に共通の何かを感ずる。いずれも道半ばでこの世を去って逝った。

      <ボリビアについて>

チェの終焉の地は祖国アルゼンチンではなく、ボリビアの標高2200メートルにあるアンデス山中の寒村であった。

チェは2回目の南米~中米旅行の日記に「田舎の少女のように無垢で素朴なラパス」と書き記している。

首都ラパス空港の海抜は4,000メートルを超え、市街地も富士山より高い。高地では僅かな階段や坂道でもあっという間に息が上がってしまうが、この街はよりによって すり鉢状の周囲坂だらけの地形である。従ってラパスの場合、裕福層は標高の低い谷底に、貧乏人は丘の上の見晴らしのいい土地に居住区が形成された。むろん旅行者にとって注意すべき点は ペルー同様 高山病である。ヨーロッパアルプス辺りで症状がでたような人が訪れるような土地ではない。なぜならアルプスのような短時間の滞在で症状が出てしまうような人は、よっぽど体調が悪かったというのでない限り、高山病体質であることは明らかだからだ。こうした人が無理して行ったところで 観光どころではないし 本人が辛い思いをするだけなのだ。前述のように玄関口である首都ラパスも富士山同等の標高であるため、ペルーのように最悪の場合 低地の首都リマへ戻って休養という訳にはいかない国だ。加えて米国経由で途中2度乗り継ぎが一般的なため、体への負担は言うまでもなく、経由地でのスーツケースの積み残しや予定便の遅れや欠航によるトラブルも他地域に比較して格段に高い。要するにボリビア旅行は、チェ・ゲバラのような崇高な覚悟とはまたの覚悟を必要とするのである。

しかしながらある種アドベンチャー的な旅を好む人にはそれはもう楽しい国だと断言できる。ウユニ塩湖は冬、つまり日本の夏が乾季で、夏(日本の冬)が雨季。乾季には水が殆どなくなり 塩が結晶化した白い高地になってしまうので、インスタ映えする”鏡張り”の写真を撮るなら雨季以外の選択肢はないのだが、実際のところ温暖化とか異常気象により、そのタイミングはかなり難しい。適度な雨は必要だが、降りすぎると移動が困難になるし 湖面が泡立ったりするからだ。また塩湖の水は乾くと塩分が白く結晶化して簡単に落ちない。黒っぽいパンツやジャケットはで白い汚れが目立ってしまう。従ってそれが目立たない白っぽい服装の方が好ましく、一方塩湖上での写真にはあでやかな色の方がよく映える。